『部下や部外者の方に指導する事の難しさ』を
社員と話す機会があり
、大いに嬉しく思いました。10月会議

少し私達の気持ちが解ったようである。

人に向かって話す、伝える事がいかに難しいか、、、、
相手は聞く気があるのかすら解りにくい、

簡単に言うと感情の表現を出そうとしない(感動が薄い)のである。

これは、ここ数年感じる若者の動向の特徴である。

当然、人材採用や、教育もここで何かと矛盾が出てきたり、
それぞれに憤懣も出てくる。

しかし、これはこの様な時代、環境から来ているので、
当然ここでめげないで、教育や理念、ミッションの徹底を図る必要がある。

いつも若い力こそが未来を創るのであり、
教育を基本とした経営が大事だと思うのです。